海外での仕事は大学生の半数以上の希望です。

キャリアを勉強することは本当の未来を始める前にほんの一歩です。通り抜ける 大学 それはすべての人が自分の人生の残りのために実行することを夢見ることが望ましい仕事を始める前に必要なスキルを取っています。しかし、大多数の学生は自分が一番好きな仕事について非常によく理解していますが、どこで働きたいのでしょうか。

によって行われた研究によると サリア化学研究所、IQS、のほとんど 大学生 スペイン人は海外で仕事を得たいと思うでしょう。特に英語圏の国々において、若い人たちが私たちの国境内でどのように悪い将来を見ているか、そして他の国々の市場がより魅力的に見えるかを示すデータもあります。


アメリカ、最も魅力的

さまざまなキャリアからの500人以上の大学生がこの研究に参加しました。彼ら全員は彼らのキャリアが終わったら彼らが仕事を遂行したいと思う国についての関連した質問に答えなければならなかった。のみ 46,6% この期間を終えたら、学生の何人かはスペインに残る意向を表明した。残りの53.4%は、別の国で彼らの運を試してみるためによく見ていました。

で利用可能なすべてのオプションのうち 世界地図、米国は回答者の間で最も繰り返されるオプションでした。大学生の70.8%が大西洋の反対側に仕事を望んでいます。学生にとって最も魅力的な企業の多くがあるこの国にあるので、驚くことではない何か:アップル、8.9%、グーグル、7.2%。


スペインの大学生を最も引き付ける2番目の国はイギリスで、回答者の8.56%がこの国を選びました。 ドイツ それが残りの6.6%を決定した国であったのでそれは3番目の位置に残っています。最も驚くべきことは、アラブ首長国連邦などの国の存在です。

公式、理想的なポジション

これらのデータは、大学生がその仕事について持っているという考えと衝突します 理想的。スペインの大学のレントゲン写真:スペインの大学の起業家のリーダーシップと革新で発表された別の研究は、キャリアの学生の25%が私たちの国の役人であることを好むことを明らかにしました。

大学生の22.6%が彼らのキャリアを終えた後に多国籍での地位を得たいと思うので、この研究で選ばれた2番目の選択肢はIQSによって実行される仕事に関係しています。 18.8%だけが彼ら自身のビジネスを設立することに価値があり、11%は中小企業における彼らの将来を見ているでしょう。最後に、インタビューを受けた人の3.4%だけが、自分自身が 自営業者 またはフリーランス。


ダミアン・モンテロ

ビデオ: 【東洋経済HR】2011年春に入社予定の学生の実態 - 第20回


興味深い記事

夏に子供を一人で残すことの危険性

夏に子供を一人で残すことの危険性

何ヶ月もの学校の献身の後、夏がやってきます。小さな子供たちがいつも両親と一緒にいるとは限らないホリデーシーズン。両親の労働義務は、ほとんどの場合、夏の間も続きます。多くの子供たちが家にいるような状況 一人で 伴奏も監督もなし。大人が滞在する間 のみ...

少し眠ると長期痴呆のリスクが高まります

少し眠ると長期痴呆のリスクが高まります

の重要性 寝る まあそれはすべてによって知られています。夜間に休息し、専門家が推奨する時間を眠ることに専念することは、バッテリーを再充電し、日常生活の課題に対処するために非常に重要です。しかし、電池の準備を整えるだけでなく、他の利点、例えばストレスの軽減や不安の軽減などもこのスケジュールに準拠することに関連しています。今、によって行われた研究 ワシントン大学...

責任ある子育て:教育する10の鍵

責任ある子育て:教育する10の鍵

子どもの発達における非常に重要な部分は、 生きるためのルール 両親は子供たちに教えるべきだと。基本的な規範は、未成年者に安全で愛情深い環境を与えることに同意します。 自尊心...