スペインでは低学年出国ですが、高いまま

「学校の中退と見なされる 時期尚早「18歳から24歳の若者が義務教育の段階を超えて勉強を続けない場合。 スペインで7/10分の1を落とした 2015年第1四半期中、最大21.2パーセント 単一四半期における最大の減少 2011年から

これは、2011年のスペインでの早期就学率が26.3%に達したことを示す現役人口調査(EPA)のデータから抽出されたものです。 5.1ポイント減少しました.

この良いニュースにもかかわらず、彼らは私たちにそれを示しています 若い人たちは勉強にもっと時間をかけています真実は 私たちの国はまだ2020年のヨーロッパの目的に達するには程遠い:ESOを超えて勉強していない若者の割合を最大15パーセント減らします。


ヨーロッパとの比較

事実、Eurostatのデータによると、 スペインは学校の失敗で欧州連合の指導者です:私たちの国で学校を卒業する若者の割合は11.1パーセントで立っている、ヨーロッパの他の国の平均を2倍にします。これらの同じデータは、スペインでの学校の失敗率は、女性(18.1%)よりも男性(25.6%)のほうがはるかに高いことを示しています。

Eurostatによって提供された情報によると、最も高い学校の失敗率を持つ欧州連合の他の国々はマルタ(20.4パーセント)、ルーマニア(18.1パーセント)、ポルトガル(17.4パーセント)およびイタリア(15パーセント)です。 )これらの国々はすべて、クロアチア、チェコ共和国、リトアニアなど、他の国々との距離が非常に離れています。それぞれ5.5%と5.9%。


大学で良い結果

しかし、すべてが悪いわけではありません。 スペインは大学と関係がある教育指標に非常に良い結果を記録します。 30〜34歳の人口の42.3%が大学教育(または同等のもの)を修了しており、その割合は2020年のEUの目標とされる44%に非常に近い。 女性は男性よりも良い結果をもたらします36.8パーセントに対して47.8パーセント。

他の国々と比較すると、市民の割合が高い場所は 大学研究 リトアニア(53.3%)、ルクセンブルク(52.7%)、アイルランド(52.2%)です。反対側には、イタリア(23.9%)、ルーマニア(25%)、マルタ(26.6%)、スロバキア(26.9%)、チェコ共和国(28.2%)があります。


アンジェラR.ボナケラ

興味深い記事

夏に子供を一人で残すことの危険性

夏に子供を一人で残すことの危険性

何ヶ月もの学校の献身の後、夏がやってきます。小さな子供たちがいつも両親と一緒にいるとは限らないホリデーシーズン。両親の労働義務は、ほとんどの場合、夏の間も続きます。多くの子供たちが家にいるような状況 一人で 伴奏も監督もなし。大人が滞在する間 のみ...

少し眠ると長期痴呆のリスクが高まります

少し眠ると長期痴呆のリスクが高まります

の重要性 寝る まあそれはすべてによって知られています。夜間に休息し、専門家が推奨する時間を眠ることに専念することは、バッテリーを再充電し、日常生活の課題に対処するために非常に重要です。しかし、電池の準備を整えるだけでなく、他の利点、例えばストレスの軽減や不安の軽減などもこのスケジュールに準拠することに関連しています。今、によって行われた研究 ワシントン大学...

責任ある子育て:教育する10の鍵

責任ある子育て:教育する10の鍵

子どもの発達における非常に重要な部分は、 生きるためのルール 両親は子供たちに教えるべきだと。基本的な規範は、未成年者に安全で愛情深い環境を与えることに同意します。 自尊心...