家族全員が感染を防ぐことができる簡単なトリック

家が共存しているという例は、家に病気が到着したときに見られます。状態が現れると、この中核のすべてのメンバーはそれに契約を受けやすくなります。健康問題を抱えている親戚の近親 ウイルス または風邪は、それを契約する可能性を高めます。

これらの健康問題を防ぐのに十分すぎるほどの理由。スペインのプライマリケア小児科学会によって提案されたもののような単純なトリックで達成することができる何か、 AEPap。これらの状況を家庭から遠ざけ、これらの家族の核を構成するすべてのメンバーの幸福の最適な状態を維持するためのヒント。


衛生の重要性

私たちは動いている存在です。一日を通して私たちの体は多数のを通過します 状況 そしてそれは多くの要素にさらされており、その中には、世帯の構成員の健康状態を変えるウイルスやその他の感染の可能性の欠如はありません。したがって、あなたが家に帰るとき、最初のステップは多くの要素と接触している衛生、特に手、手足です。

服用から 借りた鉛筆階段の手すりで手を渡すまで。これらすべての状況は、体を液体または汚染された物体に接触させます。したがって、AEPapは石鹸と水でこの手足を洗うことをお勧めします。実際、これは微生物を感染させないための最も重要で効果的な方法です。


これらは手洗いの重要性を証明するいくつかのデータです:この衛生は風邪やインフルエンザのような3つの下痢に1つ、5つに1つの呼吸器感染を予防します。 AEPapはこれを確実にするためにこれらの状況を提案します テクニック:

- 食べ物を準備する前、間および後。

- 食事の前後に

- 病気の人の世話の前後に。

- 傷や切り傷の治療の前後。

- バスルームを利用した後

- おむつを交換したり、トイレに行った子供を掃除した後。

- 鼻をかんだり、咳をしたり、くしゃみをした後、そして小さな子供に鼻水をきれいにした後。

- 動物、彼らの食べ物または彼らの糞に触れた後。

- ゴミに触れた後。

あなたもこれを世話しなければなりません 衛生 特に次のような状況で、親戚が自宅で病気になったとき


- 結膜炎。目薬を塗る前後の基本的な手洗い。トイレ用品を共有しないでください。

- 下痢。おむつを交換したり、子供を洗った後の基本的な手洗い。道具、テーブル、またはトイレを共有しないでください。

- 呼吸器感染症(風邪、インフルエンザ、細気管支炎)。吹いたり鼻で洗った後、手で洗ったり、ハンカチの前で咳をしたりする(手ではなく - 「咳と肘のラップ」を読んでください)。表面洗浄、テーブル、おもちゃ道具を共有しない他の家族、特に最も弱い立場にある人(小さな子供、妊娠中の女性、年配の人、病人)との接触を最小限に抑えます。

- 皮膚病変による感染。手を洗う、病変をこすらない、短くてきれいな爪、きれいな服を共有しないでください。

- 寄生虫(ワーム)によって引き起こされる病気。バスルームを使用した後は手を洗ってください。短くてきれいな爪は、噛まないでください。食品を取り扱うときの極度の衛生管理。ペットの糞の適切な取り扱い

幸福の確保

の役割も無視できません 免疫システム 家庭内での予防に。感染、ウイルス、その他の状態に対するこの防御メカニズムを強化するためのヒントがいくつかあります。

- エクササイズ。体型を保ち、良い体を確保する必要があります。

- 栄養がいい。私たちは私たちが食べているもので、良い食事がなければ病気にかかる可能性が高くなります。

- おやすみなさい。あなたが適切な時間に眠ることを確実にし、あなたの体をよく休ませ続けることは、病気の予防におけるもう一つの効果的なメカニズムです。

ダミアン・モンテロ

ビデオ: Campamento Zombie Película (Español Latino)


興味深い記事

仕事で暮らす:バーンアウト症候群

仕事で暮らす:バーンアウト症候群

の バーンアウト症候群 止められない方法で広がるのは、ますます頻繁に起こる現実です。仕事や家族の要求、私たちが毎日提出する高い割合は、私たちを直接私たちに連れて行きます バーンアウト そしてその悲劇的な結果。その言葉 バーンアウト 英語から来ます(燃え尽きる) 文字通り、燃やす、燃やす、燃え尽きるという意味です。その言葉 バーンアウト...

失読症に対する色

失読症に対する色

不器用で、遅く、問題がある...は、特定の学習問題に苦しむ子供たちを定義するためによく使用される用語の一部です。彼らは彼らの仲間と同じ速度で読むことができません、そして、彼らはさえ判読できない手書きを持っています...要約すると:彼らは苦しむ子供たちです 失読症、 読み書き時の精神的プロセスを妨げる脳機能障害。その結果、この負担は 失読症...