産後の美容トリック

家族への新会員の到着は、常に幸福と喜びの原因となります。しかし、巨大なホルモンの変化、睡眠不足、新生児の世話の枯渇は、肌を苦しめます。しかし、出産後に美しく感じることはこれらの助言に従うことによって可能です。

すべての女性は異なり、すべての妊娠は世界ですが、母親が自分の赤ちゃんを出産した後に共有する多くの懸念があります。それぞれの体の必要性に適応した良い毎日の美容ルーチンと審美的な処置で対処することができるいくつかの懸念。

産後の体重減少

これらの最初のものは減量です。妊娠中に、女性は9から15キロの間で増える。出産時にこれらのキロのいくつかは失われますが、多くの女性は妊娠前の体型を回復することに関してはより困難を示します。このような状況では絶望する必要はありません、栄養状態を評価するために栄養士 - 栄養士に行くことが最善です、そしてそれに基づいて、それぞれの女性と彼らの必要性のために最適な給餌計画を設計します。あなたが本当に妊娠中に得られているそれらのキリロスを見失いたいのであれば、さらに、あなたは腹部のための特定の低圧体操計画を含む良い毎週の運動ルーチンを見逃すことはできません。


弛緩との戦い

体重増加とともに、弛緩性は出産後に別の大きな頭痛の種になります。皮膚の弾力性の欠如を防ぐための一つの方法は妊娠中にそれを保湿することであるが、ある場合には弛緩は避けられない。このような場合、多くの女性は、肌を再確認するため、そして妊娠前の状態に戻すために特定の治療法を選びます。

妊娠中および妊娠後の引き締めクリームの使用、基本的な運動ルーチンの習得、さらにはモバイルトレーニングアプリケーションの使用も、弾力性と筋緊張を回復させるための選択肢の一部です。一方、超キャビテーション波による大きな圧力のおかげで、脂肪細胞の破裂による局所的な脂肪になるため、最も一般的なのはキャビテーションです。非常に楽にこの処置は最後の9か月間に失った堅さを回復するのを助けます。


母乳育児中の乳房ケア

それは赤ちゃんの摂食源であるため、妊娠中の乳房のケアは不可欠です。この部分の肌は非常に繊細なので、肌に刺激を与えない保湿剤を使用してください。さらに、母乳で育てることによって、乳房の硬さが憤慨することがあります。そのため、引き締めの使用は、出産後の美容術に欠かせません。

産後に蓄積した疲労

夜間は非常に長く、睡眠は贅沢になるので、家に赤ちゃんが到着すると常に睡眠不足の原因となります。これは疲れた外観をもたらし、顔は明らかに光の欠如を示す。毎朝作るのに20分から30分が難題になるので、赤ちゃんを怠らずに「いい顔」の効果を取り戻すには、ドライオイルなどのオールインワン製品を選ぶのが最善です。顔の色を合わせながら保湿する色のクリーム。ホルモンはニキビの外観や皮膚のしみにさえ直接影響を与えるので、日焼け止めの洗浄、保湿、塗布は見逃してはいけません。


あなたの髪のための特別なケア

妊娠後に肌が変質するだけでなく、産後にも髪の毛が傷つきます。繰り返しになりますが、水分補給は重要な役割を果たします。パラベンフリーのシャンプーとコンディショナーを使用することに加えて、オリーブ、ココナッツ、またはアボカドオイルから作られた自家製のマスクは、髪の本来の質感と輝きを取り戻すための自然で効果的な選択肢となります。

母性は喜びと美しい瞬間でいっぱいです、そして時々、特定の美容製品とトリートメントに賭けることによって、そして伝統的な美容トリックに頼ることによって皮膚、髪と顔は影響を受けることができます、しかしそれらはそれらのための最良の選択肢です自分のイメージをあきらめたくないママ。

カルメンディアス 美学センターの所長Germaine Goya

ビデオ: 耳を引っ張るだけで驚くべき変化が体に起きる!節約美容効果


興味深い記事

心配:心配するのをやめるために何をするべきですか?

心配:心配するのをやめるために何をするべきですか?

私たちは皆、私たちの頭から考えを引き出すことができないというその感覚を経験しました。それは私たちにしばしば起こるのは全く普通のことです。かなりの範囲で、 悩み 彼らは私たちが日々直面することをより効果的に助けることができますが、心配の頻度、強さまたは期間が高すぎる場合、それはおそらく私たちの生活に影響を与えるでしょう。そしてそれが我々がしなければならない時です...

早産児や喘息発作児は禁煙法の後に下降する

早産児や喘息発作児は禁煙法の後に下降する

適用後の空気の改善の証拠 禁煙法つまり、公共の場所での喫煙の禁止は明らかです。ほとんどの人が、自分がより良い呼吸をしていることを確認できたでしょう。しかし、その健康上の利点はさらに進みます。 未熟児や喘息発作の子供は着床後に降りています。「禁煙法では、喘息発作で入院する子供は少なくなり、未熟児は生まれません」ということは、この3月にジャーナルに掲載された研究の結論です。 小児科における証拠...

学校のバックパック、決して子供の体重の10%以下

学校のバックパック、決して子供の体重の10%以下

休日が終わり、触れます 学校に戻る。子供たちの日々の習慣や習慣の変化、たくさんの購入、そして新しい仲間たち。 学校のバックパック 専門家は重すぎることの危険性について警告し、それをお勧めします 子供の体重の10パーセントを超えないようにしてください。...